日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「渡鬼」降板、病魔と闘った山岡久乃

 しかし、マスコミや視聴者はこの説明に納得しなかった。橋田が見舞いに行こうとしたら、山岡の事務所に断られたと発言したことなどから確執説が浮上し、橋田らへのバッシングも一時的に起こりかけた。

 そんな中、沈黙を守っていた山岡が12月15日に所属事務所を通じて、胆管がんであることを公表した。「もう少し時間がかかると思いますが、もう少しこの女優の底力を見守って下さい」と言葉を寄せ、闘病と仕事の再開への意欲を見せた。

 病気がわかったのは97年。2月に体の不調に気づき、同3月には総胆管結石の手術を受け、その際、がんが見つかったという。告知は7月。山岡は医学書を読み、自分の病名については察していた様子で、告知された際も動揺はなく冷静に受け止めた。

 その後の経過も良好だったが、降板から4カ月後の翌99年2月14日、容体が急変。15日午後10時2分、帝京大学溝口病院(川崎市)で親族や親しかった池内淳子や長山藍子に見守られ、72歳の生涯を閉じた。山岡にとって降板は覚悟の上というのが妥当だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事