• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宝田明 ミス・ユニバースとの離婚騒動

■1984年1月

 54年の映画「ゴジラ」の主演でブレークし、昭和30年代には東宝の二枚目トップスターとして活躍した宝田明。結婚は66年4月29日、32歳の誕生日のこと。相手は59年のミス・ユニバース第8回大会で東洋人として初の優勝という快挙を成し遂げたモデルの児島明子(当時29)だった。

■56年に交際スタート

 知り合ったのは児島が大阪でファッションモデルとして活動していた54年ごろ。しかし、当時は単なる知人で、本格的な交際が始まったのは56年に児島が上京してから。もっとも、児島はミス・ユニバースを獲得し、宝田も東宝のスターとして人気急上昇中。一時は、スキャンダルを恐れて大っぴらに会うこともできない状態になり、話はなかなか進まなかった。

 しかし、宝田が「彼女が好きだ。こんなボクについてきてくれるなら結婚する」と宣言すると、児島も「男のお友達の中では一番親しくしています」とコメント。宝田の所属事務所も「明日(結婚)したいと言ってきても東宝はそれに反対する理由はありません」と語るなど、熱愛情報は繰り返し芸能マスコミを賑わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

もっと見る