宝田明 ミス・ユニバースとの離婚騒動

公開日:  更新日:

■1984年1月

 54年の映画「ゴジラ」の主演でブレークし、昭和30年代には東宝の二枚目トップスターとして活躍した宝田明。結婚は66年4月29日、32歳の誕生日のこと。相手は59年のミス・ユニバース第8回大会で東洋人として初の優勝という快挙を成し遂げたモデルの児島明子(当時29)だった。

■56年に交際スタート

 知り合ったのは児島が大阪でファッションモデルとして活動していた54年ごろ。しかし、当時は単なる知人で、本格的な交際が始まったのは56年に児島が上京してから。もっとも、児島はミス・ユニバースを獲得し、宝田も東宝のスターとして人気急上昇中。一時は、スキャンダルを恐れて大っぴらに会うこともできない状態になり、話はなかなか進まなかった。

 しかし、宝田が「彼女が好きだ。こんなボクについてきてくれるなら結婚する」と宣言すると、児島も「男のお友達の中では一番親しくしています」とコメント。宝田の所属事務所も「明日(結婚)したいと言ってきても東宝はそれに反対する理由はありません」と語るなど、熱愛情報は繰り返し芸能マスコミを賑わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  9. 9

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る