• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

宝田明 ミス・ユニバースとの離婚騒動

■1984年1月

 54年の映画「ゴジラ」の主演でブレークし、昭和30年代には東宝の二枚目トップスターとして活躍した宝田明。結婚は66年4月29日、32歳の誕生日のこと。相手は59年のミス・ユニバース第8回大会で東洋人として初の優勝という快挙を成し遂げたモデルの児島明子(当時29)だった。

■56年に交際スタート

 知り合ったのは児島が大阪でファッションモデルとして活動していた54年ごろ。しかし、当時は単なる知人で、本格的な交際が始まったのは56年に児島が上京してから。もっとも、児島はミス・ユニバースを獲得し、宝田も東宝のスターとして人気急上昇中。一時は、スキャンダルを恐れて大っぴらに会うこともできない状態になり、話はなかなか進まなかった。

 しかし、宝田が「彼女が好きだ。こんなボクについてきてくれるなら結婚する」と宣言すると、児島も「男のお友達の中では一番親しくしています」とコメント。宝田の所属事務所も「明日(結婚)したいと言ってきても東宝はそれに反対する理由はありません」と語るなど、熱愛情報は繰り返し芸能マスコミを賑わせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事