日出郎さん NYでゲイ文化に触れ帰国すると“過去の人”に

公開日:  更新日:

 お笑い芸人顔負けのパフォーマンスで人気のオカマタレント。バラエティー番組には欠かせぬ存在だが、その先鞭をつけたのはこの人だろう。80年代初め、ニューハーフ・アイドルとして売れっ子になった日出郎さん(50)だ。ド派手なメークから毒舌を連発した。今どうしているのか。

 会ったのは新宿2丁目にある日出郎さんの店「Kukuna Mahalo」。

「『ククナ マハロ』は“太陽よ、ありがとう”ってハワイ語で、ワタシの大好きな言葉なの。ああ、ごめんなさい。もう少しで終わるから、どっかそのへんに座ってて」

 化粧の最中だった日出郎さん、まずはこういった。

 店はカウンター、テーブル席合わせて30席ほど。料金はチャージ3000円、酒はおつまみ付きでワンショット1000円から。従業員はニューハーフが2人、ゲイ1人、ほかに役者の卵4人だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る