芸能界にも居場所なし…清原容疑者「プロレス転向」急浮上

公開日: 更新日:

「一時、清原の個人事務所をバックアップした大手パチンコメーカーと有力芸能マネジメント会社のトップは、いずれも格闘技とプロレスの世界に顔が利く。パチンコメーカーの方はかつて、格闘技イベント『K-1』などの大スポンサーだったし、芸能マネジメント会社の会長はアントニオ猪木さんの最大の後援者として知られています。現役力士として09年に大麻取締法違反で逮捕された元若麒麟は有罪判決後、執行猶予中の身でありながら本名でプロレスデビュー。猪木さんが主宰する団体でリングに上がりました。斯界は清濁併せのむところですからね。球界や芸能界では汚点にしかならない逮捕歴も、あちらの世界では武器にできることもある。もちろん『クスリ断ち』が絶対条件で、甘い世界でもありませんが、かつての支援者たちが清原の更生の道にリングデビューを用意する可能性はありますよ」

■過去にはPRIDEから出場依頼

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る