碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

綾瀬はるか新ドラマは美人妻&アクションで二度おいしい

公開日:

 綾瀬はるか(32)が、「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)で民放ドラマに久々の登場だ。何しろ昨年1月の出演作「わたしを離さないで」(TBS系)の原作者はカズオ・イシグロ。今回のノーベル文学賞受賞で、ドラマも綾瀬本人も再注目という上げ潮になった。

 まず物語の冒頭部分でびっくりだ。中国某所に監禁されていた綾瀬が、素手で屈強な男たちを次々と倒し、脱出に成功する。その戦いぶりは「え、秘密諜報部員?」「腕利きの暗殺者?」と聞きたくなるほど。まるで“女性版ジェイソン・ボーン”みたいなカッコよさだ。昨年から放送中の「精霊の守り人」(NHK)の成果としか思えない。

 そんな秘密の過去をもつヒロイン・菜美(綾瀬)が、IT企業経営者である伊佐山勇輝(西島秀俊)と結婚して専業主婦に。退屈だけど平和な日々を過ごすかと思いきや、トラブルに巻き込まれた善良な人たちにとっての救世主となっていくのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る