ぎっくり腰を頻繁に経験…だましだましきたが力仕事が増えて悪化

公開日: 更新日:

「19歳ぐらいからぎっくり腰をたびたびやっています。そのたびにストレッチで良くなっていたんですけど、6年前から力仕事が多くなり、腰に負担がかかったからか、急に足全体が常にしびれるようになり、ぎっくり腰を起こす頻度が増え、なかなか治らなくなったんです」

 岩手から遠路はるばる来られた68歳の男性。体をちょっと動かしただけで足全体のしびれがひどくなり、また長時間座っていると腰に鈍痛が走るようになり、岩手の県立病院を受診。脊柱管変性症と診断され、整体院で「脊柱を正常の位置に戻す」という施術を受けていたそうです。

 ぎっくり腰は正式には「急性腰痛症」と呼ばれ、主に3つの要因があります。椎間板変性によるもの、椎間関節の炎症によるもの、筋肉・筋膜によるものです。

 この方の場合は椎間板変性と筋肉の硬化による要因がありそうでした。筋肉は収縮することができる「筋線維」と呼ばれる細い線維の束でできていますが、あまり動かさずにいると血行不良を起こし筋線維は硬化していきます。そんな状態の筋肉に、大きな荷物を持ったり無理な運動をしたりして急に衝撃が加わると、筋肉がショックを起こし、一時的に機能を消失。さらに周囲の筋肉も筋硬化を引き起こし、結果ぎっくり腰となるのです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路