著者のコラム一覧
下山祐人あけぼの診療所院長

2004年、東京医大医学部卒業。17年に在宅医療をメインとするクリニック「あけぼの診療所」開業。新宿を拠点に16キロ圏内を中心に訪問診療を行う。

これまでの人生を振り返る…思い出の「棚おろし」のお手伝い

公開日: 更新日:

 訪問診療をする中で、私たちにとって人生の先輩ともいえる患者さんやご家族の方々から貴重なお話を伺うことがあります。

 90代や80代後半の方には、戦時中の記憶をはっきりとお持ちな方が少なくありません。診察の合間に当時の暮らしぶりやご苦労をいろいろと語ってくださる方もいて、大変貴重な経験になっています。その方は慢性心不全や糖尿病などを患う御年93歳になる女性の患者さんでした。

 生まれは東京で、現在は都心部の大通り沿いに所有するお父さまから受け継いだ土地にテナントビルを建て、貸し出しながら息子夫婦と暮らしていらっしゃる方です。そんな土地への愛着から訪問診療を選ばれたとのこと。

 この方の患う心不全とは、全身に血液を送る心臓の働きが弱くなって血液の循環がうまく行えなくなった状態のことです。その原因も心筋梗塞・弁膜症・高血圧症・慢性呼吸不全などさまざまです。そして、この心不全が急激に悪くなっていくのが急性心不全であり、それに対してゆっくりと心臓の働きが弱っていく状態を慢性心不全と呼んでいます。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる