著者のコラム一覧
下山祐人あけぼの診療所院長

2004年、東京医大医学部卒業。17年に在宅医療をメインとするクリニック「あけぼの診療所」開業。新宿を拠点に16キロ圏内を中心に訪問診療を行う。

妻が怖い。このまま死んでいくのはむなしい…80代男性患者が涙ながらに訴えた

公開日: 更新日:

 在宅医療を始められる方の事情はさまざまです。家族に見守られながら過ごす方から1人暮らしの方。またその家の経済的な事情、ご家族と患者さんとの家庭内における関係性の違いによっても、その療養環境は微妙に変わってきます。

 その患者さんは生活保護を受けられている、奥さんと2人暮らしの80代男性。前立腺がんの末期で、この患者さんを紹介してくれたケアマネジャーさんによると、初めてご自宅に訪問した時は、ベッドから起き上がることもできず、糞尿も垂れ流している状況だったといいます。

 そして、紹介いただいた病院からの報告によれば、旦那さんの言動が強く、いつも奥さまと言い争っているような雰囲気だということでした。しかし実際に我々が伺うと、どうやら旦那さんは東北生まれの方で、その地方の方言のイントネーションにより、強く乱暴な語調に聞こえるだけだということが分かりました。

 そして今回在宅医療を決めた理由も、キーパーソンである奥さまが、ご老体で力も弱く、弱っていくご主人の姿を見ながら、病院ではおそらくしっかりとご主人の世話はできないだろうと判断されたからだろうと考えていたのですが、実際は全く違うものでした。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで