生レバー提供で逮捕…街にあふれる“脱法レバ刺し”

公開日: 更新日:

 余計なことをやってくれたもんだ――京都の焼き肉店「焼肉牛宗まるなか京都男山店」の経営者らが牛のレバ刺しなどを違法に提供し、食品衛生法違反で逮捕されたことで、全国のレバ刺しファンからこんな恨み節が沸き起こっている。

 レバ刺しは2年前の富山食中毒事件から禁止されているが、それでも人気は根強い。街には“脱法レバ刺し”があるわ、あるわ。

「生レバあります 980円」
 驚きの看板を目にしたのは、JR大塚駅から5分ほどの焼き肉店。よく見ると「生レバ」の後に「焼き」と小さく書かれていた。

 秋葉原からJR総武線で15分ほどの小岩駅近くの焼き肉店では、富山の食中毒事件以後、通常メニューの「レバー焼き800円」のほかに、「特上レバー焼き1200円」を加えたという。通常メニューは、タレで食べるが、「特上」を頼むと、なぜかレバーと一緒に塩を加えたゴマ油が!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る