生レバー提供で逮捕…街にあふれる“脱法レバ刺し”

公開日:  更新日:

 余計なことをやってくれたもんだ――京都の焼き肉店「焼肉牛宗まるなか京都男山店」の経営者らが牛のレバ刺しなどを違法に提供し、食品衛生法違反で逮捕されたことで、全国のレバ刺しファンからこんな恨み節が沸き起こっている。

 レバ刺しは2年前の富山食中毒事件から禁止されているが、それでも人気は根強い。街には“脱法レバ刺し”があるわ、あるわ。

「生レバあります 980円」
 驚きの看板を目にしたのは、JR大塚駅から5分ほどの焼き肉店。よく見ると「生レバ」の後に「焼き」と小さく書かれていた。

 秋葉原からJR総武線で15分ほどの小岩駅近くの焼き肉店では、富山の食中毒事件以後、通常メニューの「レバー焼き800円」のほかに、「特上レバー焼き1200円」を加えたという。通常メニューは、タレで食べるが、「特上」を頼むと、なぜかレバーと一緒に塩を加えたゴマ油が!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る