• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

生レバー提供で逮捕…街にあふれる“脱法レバ刺し”

 余計なことをやってくれたもんだ――京都の焼き肉店「焼肉牛宗まるなか京都男山店」の経営者らが牛のレバ刺しなどを違法に提供し、食品衛生法違反で逮捕されたことで、全国のレバ刺しファンからこんな恨み節が沸き起こっている。

 レバ刺しは2年前の富山食中毒事件から禁止されているが、それでも人気は根強い。街には“脱法レバ刺し”があるわ、あるわ。

「生レバあります 980円」
 驚きの看板を目にしたのは、JR大塚駅から5分ほどの焼き肉店。よく見ると「生レバ」の後に「焼き」と小さく書かれていた。

 秋葉原からJR総武線で15分ほどの小岩駅近くの焼き肉店では、富山の食中毒事件以後、通常メニューの「レバー焼き800円」のほかに、「特上レバー焼き1200円」を加えたという。通常メニューは、タレで食べるが、「特上」を頼むと、なぜかレバーと一緒に塩を加えたゴマ油が!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る