生レバー提供で逮捕…街にあふれる“脱法レバ刺し”

公開日: 更新日:

 余計なことをやってくれたもんだ――京都の焼き肉店「焼肉牛宗まるなか京都男山店」の経営者らが牛のレバ刺しなどを違法に提供し、食品衛生法違反で逮捕されたことで、全国のレバ刺しファンからこんな恨み節が沸き起こっている。

 レバ刺しは2年前の富山食中毒事件から禁止されているが、それでも人気は根強い。街には“脱法レバ刺し”があるわ、あるわ。

「生レバあります 980円」
 驚きの看板を目にしたのは、JR大塚駅から5分ほどの焼き肉店。よく見ると「生レバ」の後に「焼き」と小さく書かれていた。

 秋葉原からJR総武線で15分ほどの小岩駅近くの焼き肉店では、富山の食中毒事件以後、通常メニューの「レバー焼き800円」のほかに、「特上レバー焼き1200円」を加えたという。通常メニューは、タレで食べるが、「特上」を頼むと、なぜかレバーと一緒に塩を加えたゴマ油が!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る