増税前の資産防衛…REITでリスク分散

公開日: 更新日:

 このように個人では困難な実物不動産への投資が比較的少額でできる。

 J―REITの最大の魅力は、不動産の賃料をベースとする高い分配金を得られることだ。現在上場しているJ―REITの配当利回りは3~5%となっている。例えば、「野村不動産オフィスファンド投資法人」を例に挙げてみよう。東京都心を中心にオフィスビルを所有し、資産総額は2100億円程度、株価は48万円、年間の予想配当金は2万円なので、利回りは年4.12%にもなる。

 また、REITは株式や国債などとは異なる値動きをする性質がある。不動産は、物価上昇率を上回って価格が上昇する特性があるためだ。つまり株や国債が値下がりしても、REITは逆の値動きをする特性がある。そのため、資産を株式、国債、REITに分けて投資することで投資資産全体のリスク分散効果がある。

 ただしREITは、地震や火災などにより、価格や配当金が大きく変動するリスクがある。あくまでも余裕資金の範囲内で購入しよう。

(ライフカウンセラー・紀平正幸)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る