100店回り、新著は重版も…「リーマン作家」のセルフ書店営業術

公開日: 更新日:

「あの~、著者なんですけど、ビジネス書のご担当の方はいらっしゃいますか」

 アミューズメント関連の大手メーカーに勤務する小関尚紀氏(43)は、「リーマン作家」の名刺を片手に書店を回る。

 13年11月に3冊目となる「世界一わかりやすい『ゲーム理論』の教科書」(KADOKAWA)を出版した。戦略的意思決定に関する理論をストーリー仕立てで解説した本だ。初版で消える書籍が大半という時代。新著は、発売して20日で重版が決まった。

「今回は出版社に止められたので、近所の本屋しか回っていません。ただ、担当の方は顔を覚えてくれていて、『新刊もフォローしますよ』と言ってくれた。どの店も意外と親切に相手をしてくれるんですよ」

■3冊目は発売20日で重版決定

 表紙のカラーコピーを持参し、「この本の著者です」と営業する。売れ行きを聞き、可能であれば手書きのポップを使ってもらう。店によっては最前列で平置きにしてくれたり……。陳列の様子を撮影し、「あそこはこんな感じにしてくれた」とアピールするのも作戦のひとつ。2冊目を出版した際は、東京、大阪、名古屋で合計100店を回った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る