農薬混入男は年収200万円…それでも地方で暮らせるワケ

公開日:  更新日:

 銀座や新橋の街角ではほろ酔いのサラリーマンたちが賃金アップの話題に花を咲かせていた。だが、円安や株高の恩恵を受けられるのは、都会の大企業で働く正社員のみ。地方雇用のサラリーマン、非正規労働者は差が広まるばかりだ。

■2000万円の自宅に100万円バイク

 群馬県大泉町の私鉄の駅から歩くこと約15分。水を抜いた田んぼが広がる先に、農薬混入で逮捕されたアクリフーズ契約社員の阿部利樹容疑者(49)の自宅がある。

 阿部は、この築20年ほどの家で妻と20代半ばの息子と3人暮らしをしていた。息子が小学生の頃、思い切って約2000万円のローンを組んで購入した一軒家だ。
「待遇や賃金に不満があった」

 動機については、阿部はこうほのめかしている。不満だったという月給は14万円ほど。年収は、ボーナスを含めても200万円を少し超える程度だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る