大雪被害が相次いだが…意外と知らない「国から貰えるお金」

公開日: 更新日:

 関東甲信と東北を襲った記録的な大雪による農業被害は、栃木、茨城、群馬の3県だけで200億円以上。気象庁は「特別警報」を発令せずに批判を浴びたが、そもそもこの特別警報は日本海側の大雪を見すえたもので、関東甲信は想定外だった。

 一般家庭でも、雨どいが壊れたり、車庫の屋根が落ちたという話が多い。そんな時、国や自治体からもらえるお金があるのだ。

 まず、住宅が半壊以上の被害を受けた世帯は「被災者生活再建支援制度」で最高300万円、災害で亡くなった遺族に「災害弔慰金」が最大500万円(生計維持者の場合)、障害が残れば、最大250万円だ。

 まだある。住宅や家具、衣類などに損失が出れば、「地方税・所得税の特別措置」で税金が免除、または軽減される。他にも、電気、ガス、電話料が安くなったり、NHK受信料がタダになったり。さらに今回、高崎市は自宅が壊れた人に「復旧支援交付金」として独自に最高20万円。栃木県もビニールハウスの復旧に最高100万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る