大雪被害が相次いだが…意外と知らない「国から貰えるお金」

公開日:  更新日:

 関東甲信と東北を襲った記録的な大雪による農業被害は、栃木、茨城、群馬の3県だけで200億円以上。気象庁は「特別警報」を発令せずに批判を浴びたが、そもそもこの特別警報は日本海側の大雪を見すえたもので、関東甲信は想定外だった。

 一般家庭でも、雨どいが壊れたり、車庫の屋根が落ちたという話が多い。そんな時、国や自治体からもらえるお金があるのだ。

 まず、住宅が半壊以上の被害を受けた世帯は「被災者生活再建支援制度」で最高300万円、災害で亡くなった遺族に「災害弔慰金」が最大500万円(生計維持者の場合)、障害が残れば、最大250万円だ。

 まだある。住宅や家具、衣類などに損失が出れば、「地方税・所得税の特別措置」で税金が免除、または軽減される。他にも、電気、ガス、電話料が安くなったり、NHK受信料がタダになったり。さらに今回、高崎市は自宅が壊れた人に「復旧支援交付金」として独自に最高20万円。栃木県もビニールハウスの復旧に最高100万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る