珍しく神妙な気持ちに<北砂>

公開日:  更新日:

「3月10日は東京大空襲の日です。江東区北砂では運輸業が盛んで、戦争末期はガソリンが不足しており、牛や馬が動力。しかし、大空襲で人間同様、焼け死にました」

 先日、八広を案内してくれた自転車乗りのNさん(40)から、メールが届いた。また散歩の案内をお願いするも、こちら側の事情でドタキャン。日を改め、3月11日、住吉駅~北砂~西大島をひとりで歩いた。

 横十間川で釣りの道具を持ったおじさんがボケッと川を眺めていた。「散歩日和だわねぇ」と話すおばさん2人。のどかだ。

 69年前の昨日、一晩で10万人以上の死者が出るほどの爆撃があったのか……。日頃、戦争について考えることはほとんどない。でも、さすがに、今日、この場所では。

 大空襲で焼け野原になったからだろう。墨田区京島3丁目を歩いた時にたくさん目にしたような古い建物はない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る