日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「小銭を投げつけて」 ALSOK防犯担当者が教える護身術

 通り魔事件が相次ぐなど、近ごろは物騒だ。暴漢から身を守るにはどうすればいいか。警備会社「ALSOK」の防犯教育担当・新保克徳さんに話を聞いた――。

■駐車場が危ない

「大前提として、危険な場所には近づかないということ。人通りが少なく暗い場所、たとえば線路の高架下や、夜の公園などです」

 特に危険なのは駐車場だという。ただでさえ都会の死角のような場所にあるし、車を降りる瞬間は誰でも無防備になりがちだからだ。
「降りた瞬間に車ではねて金品を強奪、そのまま車で逃走という例が多い。駐車場の中や入り口付近で、アイドリング停車しているような車がいたら、私は絶対近づきませんね」

■歩きスマホは無防備

 今どきの通り魔は、日中ごく普通の場所で襲ってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事