「小銭を投げつけて」 ALSOK防犯担当者が教える護身術

公開日: 更新日:

 通り魔事件が相次ぐなど、近ごろは物騒だ。暴漢から身を守るにはどうすればいいか。警備会社「ALSOK」の防犯教育担当・新保克徳さんに話を聞いた――。

■駐車場が危ない

「大前提として、危険な場所には近づかないということ。人通りが少なく暗い場所、たとえば線路の高架下や、夜の公園などです」

 特に危険なのは駐車場だという。ただでさえ都会の死角のような場所にあるし、車を降りる瞬間は誰でも無防備になりがちだからだ。
「降りた瞬間に車ではねて金品を強奪、そのまま車で逃走という例が多い。駐車場の中や入り口付近で、アイドリング停車しているような車がいたら、私は絶対近づきませんね」

■歩きスマホは無防備

 今どきの通り魔は、日中ごく普通の場所で襲ってくる。
「常に周囲に注意を払うべきです。歩きスマホや音楽プレーヤーを聞きながらの歩行などもってのほかですね」

 不審な人間が歩いてきた時は、道の反対側に渡る。それでも近づいてきたら、明らかに異常事態。すぐに逃げるべし。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感