エスケー石鹸社長が直伝 「ダウンジャケットを家庭で洗う」

公開日:  更新日:

 そろそろ冬物をしまう時季。ひとシーズン大活躍したセーターやマフラー、ダウンジャケットなどをクリーニング店へ……と考えている人も多いのでは? しかし、ちょっと待て。“せっけんキング”ことヱスケー石鹸㈱の倉橋公二社長(62)が、「衣類の多くは家庭で洗えるんです」と--。

■汗の汚れは水洗いじゃないと落ちない

「水洗いとドライクリーニングの汚れ除去率」について、消費生活総合センターが発表した商品テスト結果がある。

 それによると、水溶性の汚れは、手洗い100%・洗濯機洗い100%・商業ドライクリーニング約5%。油汚れは、同様に約20%・約15%、約60%。つまり、汗や泥、醤油やソースといった水溶性の汚れは、水洗いでないと完全には落とせない。

 この冬に着っぱなしだったセーターやマフラー、ダウンジャケットなどで特に気になるのは、染み込んだ汗の汚れ。ところが、お金を払ってドライクリーニングに出しても、約95%が落ちていないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る