エスケー石鹸社長が直伝 「ダウンジャケットを家庭で洗う」

公開日:  更新日:

 そろそろ冬物をしまう時季。ひとシーズン大活躍したセーターやマフラー、ダウンジャケットなどをクリーニング店へ……と考えている人も多いのでは? しかし、ちょっと待て。“せっけんキング”ことヱスケー石鹸㈱の倉橋公二社長(62)が、「衣類の多くは家庭で洗えるんです」と--。

■汗の汚れは水洗いじゃないと落ちない

「水洗いとドライクリーニングの汚れ除去率」について、消費生活総合センターが発表した商品テスト結果がある。

 それによると、水溶性の汚れは、手洗い100%・洗濯機洗い100%・商業ドライクリーニング約5%。油汚れは、同様に約20%・約15%、約60%。つまり、汗や泥、醤油やソースといった水溶性の汚れは、水洗いでないと完全には落とせない。

 この冬に着っぱなしだったセーターやマフラー、ダウンジャケットなどで特に気になるのは、染み込んだ汗の汚れ。ところが、お金を払ってドライクリーニングに出しても、約95%が落ちていないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る