• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エスケー石鹸社長が直伝 「ダウンジャケットを家庭で洗う」

 そろそろ冬物をしまう時季。ひとシーズン大活躍したセーターやマフラー、ダウンジャケットなどをクリーニング店へ……と考えている人も多いのでは? しかし、ちょっと待て。“せっけんキング”ことヱスケー石鹸㈱の倉橋公二社長(62)が、「衣類の多くは家庭で洗えるんです」と--。

■汗の汚れは水洗いじゃないと落ちない

「水洗いとドライクリーニングの汚れ除去率」について、消費生活総合センターが発表した商品テスト結果がある。

 それによると、水溶性の汚れは、手洗い100%・洗濯機洗い100%・商業ドライクリーニング約5%。油汚れは、同様に約20%・約15%、約60%。つまり、汗や泥、醤油やソースといった水溶性の汚れは、水洗いでないと完全には落とせない。

 この冬に着っぱなしだったセーターやマフラー、ダウンジャケットなどで特に気になるのは、染み込んだ汗の汚れ。ところが、お金を払ってドライクリーニングに出しても、約95%が落ちていないということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

もっと見る