消臭剤「エステー」のリケジョが指南 「男のニオイ」撃退法

公開日:  更新日:

「しょ~しゅ~りき~!」などユニークなCMでお馴染みの日用雑貨メーカー。R&D(リサーチ&ディベロップメント)部門で働く高岳(たかおか)留美さんは、入社以来研究一筋のいわゆるリケジョ。消臭に関するプロ。高岳さんに、中高年男性の悩み“オヤジ臭”に効く裏ワザを聞いた――。

■マクラのオヤジ臭

「まずは毎晩愛用している枕。カバーは洗うことができますが、中まで染み込んだ臭いは簡単に取れませんよね。そんな時は“光活性成分”を配合した『おひさまの消臭 ふとん用スプレー』という商品がオススメ。これは、スプレーした部分に光が当たると、光活性成分が臭いのもとを分解してくれるというもの。電灯光でも機能しますので、日中家にいない、花粉症で外に干せないという方にピッタリです」

■クロゼットの悪臭


 クロゼットの臭いも、カミさんいわく“耐えられない!”。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る