消臭剤「エステー」のリケジョが指南 「男のニオイ」撃退法

公開日: 更新日:

「しょ~しゅ~りき~!」などユニークなCMでお馴染みの日用雑貨メーカー。R&D(リサーチ&ディベロップメント)部門で働く高岳(たかおか)留美さんは、入社以来研究一筋のいわゆるリケジョ。消臭に関するプロ。高岳さんに、中高年男性の悩み“オヤジ臭”に効く裏ワザを聞いた――。

■マクラのオヤジ臭

「まずは毎晩愛用している枕。カバーは洗うことができますが、中まで染み込んだ臭いは簡単に取れませんよね。そんな時は“光活性成分”を配合した『おひさまの消臭 ふとん用スプレー』という商品がオススメ。これは、スプレーした部分に光が当たると、光活性成分が臭いのもとを分解してくれるというもの。電灯光でも機能しますので、日中家にいない、花粉症で外に干せないという方にピッタリです」

■クロゼットの悪臭


 クロゼットの臭いも、カミさんいわく“耐えられない!”。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る