消臭剤「エステー」のリケジョが指南 「男のニオイ」撃退法

公開日:  更新日:

「しょ~しゅ~りき~!」などユニークなCMでお馴染みの日用雑貨メーカー。R&D(リサーチ&ディベロップメント)部門で働く高岳(たかおか)留美さんは、入社以来研究一筋のいわゆるリケジョ。消臭に関するプロ。高岳さんに、中高年男性の悩み“オヤジ臭”に効く裏ワザを聞いた――。

■マクラのオヤジ臭

「まずは毎晩愛用している枕。カバーは洗うことができますが、中まで染み込んだ臭いは簡単に取れませんよね。そんな時は“光活性成分”を配合した『おひさまの消臭 ふとん用スプレー』という商品がオススメ。これは、スプレーした部分に光が当たると、光活性成分が臭いのもとを分解してくれるというもの。電灯光でも機能しますので、日中家にいない、花粉症で外に干せないという方にピッタリです」

■クロゼットの悪臭


 クロゼットの臭いも、カミさんいわく“耐えられない!”。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る