ジブリよりマスコット<聖蹟桜ケ丘>

公開日: 更新日:

 周囲にCDショップは一軒もないが、「だからこそ、音楽や映画に関心あるお客さんがここに集まり、いろんな話題で盛り上がる。昨日、道でギターを拾ったんで店に持ってきたら、お客さんたちと即興ライブになって」。

 そのお客さんが隣にいた。60代だという、その年齢に全く見えないMさんは「昭和45年に就職して以来、ずっとこの辺りに通っている。ここでは僕が知っていることをマスターに教え、僕が知らないことをマスターから教わるんだ」。

 Mさんとは初対面だが、お薦めの音楽をいくつも教えてくれた。彼はコーヒー、こちらはバーボンで。

 ジブリよりマスコットだな、私には。
【世田谷散歩人 和田町夫】

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る