• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10年連続売上更新 シェアトップ快走「プレモル」の秘策

 サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」(プレモル)は2013年に前年比107%となる1767万ケースを販売し、10年連続で過去最高売り上げを更新。14年も1─3月期は311万ケースで前年比103%と好調な滑り出しだ。

「深いコク」「華やかな香り」「クリーミーな泡」が、プレモルの最大の特徴であり、人気の理由だ。12年には、原料に「ダイヤモンド麦芽」を新たに加えてリニューアル。以降、快進撃が続く。

「プレモルの支持は“おいしさ”の支持。ダイヤモンド麦芽に出合って、よりおいしいものができた」(ビール事業部課長の馬場直也氏)

 世界最高峰を目指したビールづくりは、前身となる「モルツ・スーパー・プレミアム」が始まり。89年にエリア限定で発売し、やがて全国展開へ。そして03年、「ザ・プレミアム・モルツ」に商品名を改め、今につながる歴史の幕が開く。05年に国際的な品質評価機関であるモンドセレクションの「最高金賞」受賞(中瓶)を機に認知が拡大。以降3年連続受賞で、売り上げを大きく伸ばし、08年、プレミアムビールでシェアトップに躍り出た。そして12年のリニューアルである。時代が求めるビールの価値を提案するため、大切な人との幸せな時間を共に過ごすビールというプレモルの魅力を強化し、品質にさらにこだわった新たな展開は大成功を収めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る