激戦フレーバーウォーター 「桃の天然水」なぜ息が長いのか

公開日: 更新日:

 JT(日本たばこ産業)を代表するロングセラー商品「桃の天然水」が好調だ。2013年度のブランド全体の売り上げは前年比166%。パッケージも新たになった今年は、さらに上を狙う勢いだ。

 桃の天然水は「透明なのに桃のすっきりとした味わいでゴクゴク楽しめる」ことが最大の特徴であり、ヒットの要因である。
「開発当時、桃の飲料というと濃くて甘い味が主流だったが、本来、果物の桃はとてもジューシーでみずみずしい。そのリアルな味を表現しなくてはいけないと考えた」(飲料事業部商品開発部の丸山佳那氏)

■透明果汁で大ブレーク

 そして96年、「丁寧に濾過(ろか)した桃の透明果汁」と「天然水」で仕上げた、これまでにない新しい飲料が誕生した。まずは缶入りでスタートし、翌97年にペットボトル(500ミリリットル)入りが登場。透明感が一目瞭然になったことで認知が一気に拡大し、98年、テレビCMの人気とともに大ブレーク。文句なしの大ヒット商品となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  2. 2

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  5. 5

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  6. 6

    「桜を見る会」名簿 内閣府主張の“1年未満保存”に重大疑義

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    五輪開催20年度の改革は下村元文科相「公言」で既定路線化

  9. 9

    堀北真希に待望の復帰情報 “イクメン夫”山本耕史が後押し

  10. 10

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る