• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

激戦フレーバーウォーター 「桃の天然水」なぜ息が長いのか

 JT(日本たばこ産業)を代表するロングセラー商品「桃の天然水」が好調だ。2013年度のブランド全体の売り上げは前年比166%。パッケージも新たになった今年は、さらに上を狙う勢いだ。

 桃の天然水は「透明なのに桃のすっきりとした味わいでゴクゴク楽しめる」ことが最大の特徴であり、ヒットの要因である。
「開発当時、桃の飲料というと濃くて甘い味が主流だったが、本来、果物の桃はとてもジューシーでみずみずしい。そのリアルな味を表現しなくてはいけないと考えた」(飲料事業部商品開発部の丸山佳那氏)

■透明果汁で大ブレーク

 そして96年、「丁寧に濾過(ろか)した桃の透明果汁」と「天然水」で仕上げた、これまでにない新しい飲料が誕生した。まずは缶入りでスタートし、翌97年にペットボトル(500ミリリットル)入りが登場。透明感が一目瞭然になったことで認知が一気に拡大し、98年、テレビCMの人気とともに大ブレーク。文句なしの大ヒット商品となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

もっと見る