シリーズ50超、組み合わせ5万通り「シャーボ」の強さ

公開日: 更新日:

 シャープペンシルとボールペンを一体化した多機能ペンといえば、ゼブラの「シャーボ」だ。1977年に発売以来、50を超えるシリーズ商品を発表。近年は、ボディーやリフィル(替え芯)を自由に選べる「シャーボX」が好調で、累計販売本数は7000万本を超える。

「右へ回すとシャープペンシル、左へ回すとボールペン」というキャッチフレーズとともに、初代シャーボが誕生したのは高度経済成長期。当時、ペン先メーカーから総合筆記具メーカーへ転身中のゼブラに不足していたのは、シャープペンシルと高級品であり、一方では、高度経済成長の結果、市場環境は高機能・高付加価値商品のニーズが高まっていた。

 つまり、市場ニーズと会社の方針が見事に合致。加えて、アイデアと技術力の勝利である。画期的な商品は、2000円~という高価格帯ながら、77年11月の発売と同時に飛ぶに新商品を投入。各種シリーズを展開するとともに価格帯も幅を広げ、ファン層を拡大させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  5. 5

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  6. 6

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  7. 7

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

  10. 10

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

もっと見る