シリーズ50超、組み合わせ5万通り「シャーボ」の強さ

公開日:  更新日:

 シャープペンシルとボールペンを一体化した多機能ペンといえば、ゼブラの「シャーボ」だ。1977年に発売以来、50を超えるシリーズ商品を発表。近年は、ボディーやリフィル(替え芯)を自由に選べる「シャーボX」が好調で、累計販売本数は7000万本を超える。

「右へ回すとシャープペンシル、左へ回すとボールペン」というキャッチフレーズとともに、初代シャーボが誕生したのは高度経済成長期。当時、ペン先メーカーから総合筆記具メーカーへ転身中のゼブラに不足していたのは、シャープペンシルと高級品であり、一方では、高度経済成長の結果、市場環境は高機能・高付加価値商品のニーズが高まっていた。

 つまり、市場ニーズと会社の方針が見事に合致。加えて、アイデアと技術力の勝利である。画期的な商品は、2000円~という高価格帯ながら、77年11月の発売と同時に飛ぶに新商品を投入。各種シリーズを展開するとともに価格帯も幅を広げ、ファン層を拡大させた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る