汁粉ヒントに塩ピーナツ ロングセラー「キャラメルコーン」

公開日:  更新日:

 甘いスナック菓子といえば、東ハトの「キャラメルコーン」。大人世代は「とうハト、キャラメルコ~ン♪」のCMソングが懐かしいが、最近は、「顔」に見立てたパッケージでお馴染みだ。2003年のリニューアル以降、積極的なフレーバー展開で、好調が続く。

 キャラメルコーンの誕生は1971年。塩味など、しょっぱい系がほとんどだったスナック菓子市場に、甘い味の登場は衝撃だった。発売当初から大反響。またたく間に大ヒット商品となった。

 トウモロコシの粉から作る、ふわっと軽いパフ状のスナックは、口どけのよさがウリだ。さらには「ピーナツ」の存在。
「甘いものを食べ続けると飽きる。そこで、“お汁粉に塩こぶ”のように、箸休め的なアクセントがあれば、よりおいしくたくさん食べてもらえると考え、塩をまぶしたピーナツを封入したんです」(商品開発部スナック開発課長の小林千夏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る