汁粉ヒントに塩ピーナツ ロングセラー「キャラメルコーン」

公開日:  更新日:

 甘いスナック菓子といえば、東ハトの「キャラメルコーン」。大人世代は「とうハト、キャラメルコ~ン♪」のCMソングが懐かしいが、最近は、「顔」に見立てたパッケージでお馴染みだ。2003年のリニューアル以降、積極的なフレーバー展開で、好調が続く。

 キャラメルコーンの誕生は1971年。塩味など、しょっぱい系がほとんどだったスナック菓子市場に、甘い味の登場は衝撃だった。発売当初から大反響。またたく間に大ヒット商品となった。

 トウモロコシの粉から作る、ふわっと軽いパフ状のスナックは、口どけのよさがウリだ。さらには「ピーナツ」の存在。
「甘いものを食べ続けると飽きる。そこで、“お汁粉に塩こぶ”のように、箸休め的なアクセントがあれば、よりおいしくたくさん食べてもらえると考え、塩をまぶしたピーナツを封入したんです」(商品開発部スナック開発課長の小林千夏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る