今も売上げ増のモンダミン 洗口液使用率「7割」へ続く挑戦

公開日:  更新日:

 洗口液のパイオニア、アース製薬の「モンダミン」が好調だ。ロングセラーながら今も成長期。2013年の年間売り上げは前年比117%となった。

 モンダミンは、口の中でクチュクチュするだけで洗浄が完了。ブラッシングを必要とする液体ハミガキとは違う、クチュクチュタイプというカテゴリーを確立し、市場を牽引してきた。こだわりは、爽快感があって、おいしい“味”。「これなら毎日使える」という習慣を根付かせたことが最大の勝因だ。

 アース製薬が洗口液の開発に着手したのは80年代。オーラルケアの先進国アメリカの市場を見て、将来は日本でも洗口液が習慣になっていくと確信してのことだった。大命題は「日本人の口に合う洗口液を作る」。かくして87年、ペパーミント味のモンダミン第1号が発売された。ところが市場は冷めた反応。

「そもそも当時の日本にはオーラルケアという概念がなかった。結局、すっきりするならハミガキでもよく、味のアピールは口臭防止のエチケット商品としてしか受け取られなかった」(商品企画部部長の油野秀敏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る