今も売上げ増のモンダミン 洗口液使用率「7割」へ続く挑戦

公開日: 更新日:

 洗口液のパイオニア、アース製薬の「モンダミン」が好調だ。ロングセラーながら今も成長期。2013年の年間売り上げは前年比117%となった。

 モンダミンは、口の中でクチュクチュするだけで洗浄が完了。ブラッシングを必要とする液体ハミガキとは違う、クチュクチュタイプというカテゴリーを確立し、市場を牽引してきた。こだわりは、爽快感があって、おいしい“味”。「これなら毎日使える」という習慣を根付かせたことが最大の勝因だ。

 アース製薬が洗口液の開発に着手したのは80年代。オーラルケアの先進国アメリカの市場を見て、将来は日本でも洗口液が習慣になっていくと確信してのことだった。大命題は「日本人の口に合う洗口液を作る」。かくして87年、ペパーミント味のモンダミン第1号が発売された。ところが市場は冷めた反応。

「そもそも当時の日本にはオーラルケアという概念がなかった。結局、すっきりするならハミガキでもよく、味のアピールは口臭防止のエチケット商品としてしか受け取られなかった」(商品企画部部長の油野秀敏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  3. 3

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  4. 4

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  5. 5

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  6. 6

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  7. 7

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る