• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今も売上げ増のモンダミン 洗口液使用率「7割」へ続く挑戦

 洗口液のパイオニア、アース製薬の「モンダミン」が好調だ。ロングセラーながら今も成長期。2013年の年間売り上げは前年比117%となった。

 モンダミンは、口の中でクチュクチュするだけで洗浄が完了。ブラッシングを必要とする液体ハミガキとは違う、クチュクチュタイプというカテゴリーを確立し、市場を牽引してきた。こだわりは、爽快感があって、おいしい“味”。「これなら毎日使える」という習慣を根付かせたことが最大の勝因だ。

 アース製薬が洗口液の開発に着手したのは80年代。オーラルケアの先進国アメリカの市場を見て、将来は日本でも洗口液が習慣になっていくと確信してのことだった。大命題は「日本人の口に合う洗口液を作る」。かくして87年、ペパーミント味のモンダミン第1号が発売された。ところが市場は冷めた反応。

「そもそも当時の日本にはオーラルケアという概念がなかった。結局、すっきりするならハミガキでもよく、味のアピールは口臭防止のエチケット商品としてしか受け取られなかった」(商品企画部部長の油野秀敏氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る