卓球好きよ、集まれ<新中野>

公開日:  更新日:

 中野が卓球の町だとは知らなかった。約50年の歴史がある「新中野卓球場」。
「ほかにもいくつか卓球場がありますよ。うちはおじいちゃんが卓球が好きで始めたんです。本来はたばこ屋なんですけど、たばこだけじゃだめだって、家族の反対を押し切って」
 入院中のおじいちゃん、お見舞い中のお母さんに代わって、店番を務めていたお嬢さんが丁寧に教えてくれた。
「冷房も何もないから、夏は大変なんですよ」という卓球場へ。1回30分200円とは、えらく安い。
 カコンカコンと打ち合っていた男性2人は、今日が初めてだとか。5キロの散歩中に寄ったらしい。「汗をたくさんかくのが、やった感があっていいよね!」と楽しそう。ここでプレーをした後のビールはうまそうだ。
「この近くにはうまいうどん屋があるんだよ」とカメラマン。その昔、うどんをすすっていたら、目の前に忌野清志郎が座っていたらしい。今日は腹いっぱいなので、別の日に来よう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る