卓球好きよ、集まれ<新中野>

公開日:  更新日:

 中野が卓球の町だとは知らなかった。約50年の歴史がある「新中野卓球場」。
「ほかにもいくつか卓球場がありますよ。うちはおじいちゃんが卓球が好きで始めたんです。本来はたばこ屋なんですけど、たばこだけじゃだめだって、家族の反対を押し切って」
 入院中のおじいちゃん、お見舞い中のお母さんに代わって、店番を務めていたお嬢さんが丁寧に教えてくれた。
「冷房も何もないから、夏は大変なんですよ」という卓球場へ。1回30分200円とは、えらく安い。
 カコンカコンと打ち合っていた男性2人は、今日が初めてだとか。5キロの散歩中に寄ったらしい。「汗をたくさんかくのが、やった感があっていいよね!」と楽しそう。ここでプレーをした後のビールはうまそうだ。
「この近くにはうまいうどん屋があるんだよ」とカメラマン。その昔、うどんをすすっていたら、目の前に忌野清志郎が座っていたらしい。今日は腹いっぱいなので、別の日に来よう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る