派手に着飾りゴール前で大騒ぎ 様変わり激しい運動会事情

公開日: 更新日:

 晴天下、グラウンドに小さな色とりどりの国旗がはためく小・中学校の運動会。額に汗を浮かべて走る子供たちには、楽しい学校行事のひとつである。もちろん保護者にとっても、子供たちの運動着姿を見るのはほほえましい。全国、約2万2600の小学校、約1万900の中学校の運動会は、秋の9、10月が6割、春の5、6月が4割の率で開催されている。

「表向きは台風シーズンにぶつかる秋を敬遠した、新しいクラスに生徒が馴染みやすいように、となっていますが、本当の理由は別にあります。秋は中学、高校入試を控え、運動会でケガでもされたら大変、そんな親子への配慮からです」

 こう語るのは都内の中学校で、体育科目を担当するA教師だ。

 A教師が勤める200人ほどの生徒が通学する公立中学校もこの5月に運動会を終了させた。
 グラウンドを取り巻く保護者数はどうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る