日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

派手に着飾りゴール前で大騒ぎ 様変わり激しい運動会事情

 晴天下、グラウンドに小さな色とりどりの国旗がはためく小・中学校の運動会。額に汗を浮かべて走る子供たちには、楽しい学校行事のひとつである。もちろん保護者にとっても、子供たちの運動着姿を見るのはほほえましい。全国、約2万2600の小学校、約1万900の中学校の運動会は、秋の9、10月が6割、春の5、6月が4割の率で開催されている。

「表向きは台風シーズンにぶつかる秋を敬遠した、新しいクラスに生徒が馴染みやすいように、となっていますが、本当の理由は別にあります。秋は中学、高校入試を控え、運動会でケガでもされたら大変、そんな親子への配慮からです」

 こう語るのは都内の中学校で、体育科目を担当するA教師だ。

 A教師が勤める200人ほどの生徒が通学する公立中学校もこの5月に運動会を終了させた。
 グラウンドを取り巻く保護者数はどうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事