派手に着飾りゴール前で大騒ぎ 様変わり激しい運動会事情

公開日: 更新日:

 晴天下、グラウンドに小さな色とりどりの国旗がはためく小・中学校の運動会。額に汗を浮かべて走る子供たちには、楽しい学校行事のひとつである。もちろん保護者にとっても、子供たちの運動着姿を見るのはほほえましい。全国、約2万2600の小学校、約1万900の中学校の運動会は、秋の9、10月が6割、春の5、6月が4割の率で開催されている。

「表向きは台風シーズンにぶつかる秋を敬遠した、新しいクラスに生徒が馴染みやすいように、となっていますが、本当の理由は別にあります。秋は中学、高校入試を控え、運動会でケガでもされたら大変、そんな親子への配慮からです」

 こう語るのは都内の中学校で、体育科目を担当するA教師だ。

 A教師が勤める200人ほどの生徒が通学する公立中学校もこの5月に運動会を終了させた。
 グラウンドを取り巻く保護者数はどうか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    あるか河井夫妻買収事件ダブル立件 検察は官邸に忖度せず

  3. 3

    AKBを他山の石に…乃木坂46白石麻衣に見る高嶺の花の功績

  4. 4

    ゴーンが逃亡直前「極秘インタビュー」10時間で語ったこと

  5. 5

    佐藤栄作超えも黄信号 囁かれ始めた史上最長政権の末路

  6. 6

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  7. 7

    「海老蔵」名義最後の本公演…秋元康の台本がひど過ぎる

  8. 8

    筆者も招待…「桜」疑惑背任罪での告発は本質をついている

  9. 9

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  10. 10

    好発進「ケイジとケンジ」で気になる桐谷健太のセリフ回し

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る