• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ハウステンボス】HISの傘下後、業績はV字回復

 敷地面積で日本最大のテーマパークを運営する同社。パークで勤務するAさん(32)の年収は約350万円だ。一見少ないように思えるが、そうでもないらしい。
「田舎なので物価が安いですから。残業代もしっかり付くので生活には困りません。サービス業ですから土日は休めないけど、スタッフも若く明るいし、働きやすいと思います。ただ、電車の本数が少ないので、移動には車が必須ですね」(Aさん)

 一度破綻したが、HISの傘下に入ってから業績はV字回復。止まっていた賞与も復活したという。

 福利厚生の一環でパーク内の施設を無料で使える制度があり、マニアにはたまらないと好評のようだ。

「女性が多い職場なので育児休暇や産休を経て職場に戻る方もいます。経営方針で女性の活用をうたっていますので、責任のある部署で働く人も多いですね。ホテルやレストラン、観光事業など部署が多岐にわたるので、自分に合った仕事を探すことも可能です。ただ、部署によっては肉体的にキツい仕事もあるので、体力が必要になることもあります。スキルより、やる気と元気が求められる職場です」とAさん。

 老舗テーマパークの復活に期待をしたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る