【ろうきん】賃金格差はないが出世ハードルは高い

公開日:  更新日:

「金融機関でも、大手銀行に比べると給料は低いですが、潰れる心配はありませんし、安定しているのが魅力です。忙しい時期を除けば、残業もそれほどありません」

 こう語るのは、Mさん(36)だ。

 ろうきんとは、勤労者を対象とする労働組合や生活協同組合が共同で組織する非営利の金融機関。預金やローンなど各種サービスの提供は一般の金融機関と変わらないが、資金の運用は住宅・結婚・教育などの貸し付けに限定される。全国に13の拠点がある。

 Mさんの基本給は約40万円。これに妻の1万3000円、子供1人につき7000円の家族手当がついて、月給は42万円。ボーナスは夏冬合計で約180万円。年収は約690万円だ。30代半ばで、1000万円近いメガバンクには及ばないが、大手製造業とは肩を並べる。
「地銀と同じ水準です。労働組合の組織ということもあって、賃金体系は年功序列。役職で違いますが、高卒・大卒で賃金差もありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る