【ろうきん】賃金格差はないが出世ハードルは高い

公開日: 更新日:

「金融機関でも、大手銀行に比べると給料は低いですが、潰れる心配はありませんし、安定しているのが魅力です。忙しい時期を除けば、残業もそれほどありません」

 こう語るのは、Mさん(36)だ。

 ろうきんとは、勤労者を対象とする労働組合や生活協同組合が共同で組織する非営利の金融機関。預金やローンなど各種サービスの提供は一般の金融機関と変わらないが、資金の運用は住宅・結婚・教育などの貸し付けに限定される。全国に13の拠点がある。

 Mさんの基本給は約40万円。これに妻の1万3000円、子供1人につき7000円の家族手当がついて、月給は42万円。ボーナスは夏冬合計で約180万円。年収は約690万円だ。30代半ばで、1000万円近いメガバンクには及ばないが、大手製造業とは肩を並べる。
「地銀と同じ水準です。労働組合の組織ということもあって、賃金体系は年功序列。役職で違いますが、高卒・大卒で賃金差もありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る