「マルちゃん焼きそば」 青果市場に鉄板持ち込み試食で展開

公開日: 更新日:

 1975年の誕生から39年。東洋水産の「マルちゃん焼そば」は、生麺市場のナンバーワン商品である。発売以来の累計出荷数は昨年、126億食を突破し、ますます元気。今年2月には麺のほぐれやすさをさらに高めてリニューアルするなど進化を続けている。

 焼きそばといえばマルちゃんといってもいいほど、「マルちゃん焼そば」は今や食卓の定番となった。まさにこれこそが発売の狙い。

「75年当時は、焼きそばが屋台や中華料理店などで食べられるようになってきたころ。その人気の広がりに着目し、誰もが簡単につくれる家庭料理となるように、炒めるだけでOKの焼きそばを開発した」(低温食品本部副本部長の楠学氏)

 当時の平均的な家族構成や食シーンを考え、3人前(3食入り)で発売。チルド流通網が未発達の時代ゆえ、当初は青果市場に鉄板を持ち込み、その場で調理して試食販売するなど地道な展開だったが、店に並びだすと順調に売れ、認知が拡大。やがて流通網が整うと、またたく間にヒット商品となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る