「マルちゃん焼きそば」 青果市場に鉄板持ち込み試食で展開

公開日:  更新日:

 1975年の誕生から39年。東洋水産の「マルちゃん焼そば」は、生麺市場のナンバーワン商品である。発売以来の累計出荷数は昨年、126億食を突破し、ますます元気。今年2月には麺のほぐれやすさをさらに高めてリニューアルするなど進化を続けている。

 焼きそばといえばマルちゃんといってもいいほど、「マルちゃん焼そば」は今や食卓の定番となった。まさにこれこそが発売の狙い。

「75年当時は、焼きそばが屋台や中華料理店などで食べられるようになってきたころ。その人気の広がりに着目し、誰もが簡単につくれる家庭料理となるように、炒めるだけでOKの焼きそばを開発した」(低温食品本部副本部長の楠学氏)

 当時の平均的な家族構成や食シーンを考え、3人前(3食入り)で発売。チルド流通網が未発達の時代ゆえ、当初は青果市場に鉄板を持ち込み、その場で調理して試食販売するなど地道な展開だったが、店に並びだすと順調に売れ、認知が拡大。やがて流通網が整うと、またたく間にヒット商品となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る