学生特化でトップブランドに化けた電子辞書「エクスワード」

公開日:  更新日:

 カシオ計算機の「エクスワード」は、10年連続メーカーシェア1位(2004年~)を誇る電子辞書のトップブランドだ。毎年新モデルを投入し、人気を拡大。96年の発売以来の累計販売数は2000万台を大きく超える。

 学生を中心に絶大な支持を得るエクスワード。これはまさに狙い通りの展開である。初代誕生は96年だが、市場にはすでに競合がおり、後発であったことから苦戦。リベンジをかけ、新たな展開へとかじを切る。

「普通の攻め方ではダメ。独自性(差別化)が必要と考えた」(コンシューマ事業部の大島淳氏)

 ポイントとなったのは「誰が使うか」ということ。前身の電子手帳はビジネスマン向けだったが、辞書であれば学生のほうが役立つのではないか。そこで98年、辞書機能に特化した、学生向けの“勉強に使える”電子辞書を発売すると大反響。またたく間にヒット商品となった。以降、01年2月に大学生向け、同8月に高校生向けを発売するなど、ユーザーごとに細分化した商品展開を進めてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る