学生特化でトップブランドに化けた電子辞書「エクスワード」

公開日: 更新日:

 カシオ計算機の「エクスワード」は、10年連続メーカーシェア1位(2004年~)を誇る電子辞書のトップブランドだ。毎年新モデルを投入し、人気を拡大。96年の発売以来の累計販売数は2000万台を大きく超える。

 学生を中心に絶大な支持を得るエクスワード。これはまさに狙い通りの展開である。初代誕生は96年だが、市場にはすでに競合がおり、後発であったことから苦戦。リベンジをかけ、新たな展開へとかじを切る。

「普通の攻め方ではダメ。独自性(差別化)が必要と考えた」(コンシューマ事業部の大島淳氏)

 ポイントとなったのは「誰が使うか」ということ。前身の電子手帳はビジネスマン向けだったが、辞書であれば学生のほうが役立つのではないか。そこで98年、辞書機能に特化した、学生向けの“勉強に使える”電子辞書を発売すると大反響。またたく間にヒット商品となった。以降、01年2月に大学生向け、同8月に高校生向けを発売するなど、ユーザーごとに細分化した商品展開を進めてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る