内モンゴルの発酵乳がヒント 成長続く「カルピス」の歴史

公開日:  更新日:

 発売から95年の超ロングセラー「カルピス」(カルピス㈱)の販売が好調だ。コンク(濃縮した)飲料の特徴を生かした戦略が奏功し、2010年から前年比アップが続いている。

「カルピス」のルーツは、創業者・三島海雲の感動体験にある。1908年に内モンゴルを訪れた際、三島氏は長旅で体調を崩していたが、現地で振る舞われた発酵乳(酸乳)を飲み元気になった。この体験にいたく感動し、「自然の力の活用」をぜひ日本でも具現化したいと考え、帰国後に乳酸菌を応用した商品開発に着手。試行錯誤の末、19年7月7日、日本初の乳酸菌飲料「カルピス」が誕生する。

 戦前・戦中を経て、戦後にブレーク。甘酸っぱいおいしさ、かつ「薄めて飲む」お得感がウケて急成長したが、80年代後半に自動販売機が増加し、清涼飲料水の市場が拡大すると、「薄めて飲む」という特徴が不利に働き、販売数は激減した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る