内モンゴルの発酵乳がヒント 成長続く「カルピス」の歴史

公開日: 更新日:

 発売から95年の超ロングセラー「カルピス」(カルピス㈱)の販売が好調だ。コンク(濃縮した)飲料の特徴を生かした戦略が奏功し、2010年から前年比アップが続いている。

「カルピス」のルーツは、創業者・三島海雲の感動体験にある。1908年に内モンゴルを訪れた際、三島氏は長旅で体調を崩していたが、現地で振る舞われた発酵乳(酸乳)を飲み元気になった。この体験にいたく感動し、「自然の力の活用」をぜひ日本でも具現化したいと考え、帰国後に乳酸菌を応用した商品開発に着手。試行錯誤の末、19年7月7日、日本初の乳酸菌飲料「カルピス」が誕生する。

 戦前・戦中を経て、戦後にブレーク。甘酸っぱいおいしさ、かつ「薄めて飲む」お得感がウケて急成長したが、80年代後半に自動販売機が増加し、清涼飲料水の市場が拡大すると、「薄めて飲む」という特徴が不利に働き、販売数は激減した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る