内モンゴルの発酵乳がヒント 成長続く「カルピス」の歴史

公開日:  更新日:

 発売から95年の超ロングセラー「カルピス」(カルピス㈱)の販売が好調だ。コンク(濃縮した)飲料の特徴を生かした戦略が奏功し、2010年から前年比アップが続いている。

「カルピス」のルーツは、創業者・三島海雲の感動体験にある。1908年に内モンゴルを訪れた際、三島氏は長旅で体調を崩していたが、現地で振る舞われた発酵乳(酸乳)を飲み元気になった。この体験にいたく感動し、「自然の力の活用」をぜひ日本でも具現化したいと考え、帰国後に乳酸菌を応用した商品開発に着手。試行錯誤の末、19年7月7日、日本初の乳酸菌飲料「カルピス」が誕生する。

 戦前・戦中を経て、戦後にブレーク。甘酸っぱいおいしさ、かつ「薄めて飲む」お得感がウケて急成長したが、80年代後半に自動販売機が増加し、清涼飲料水の市場が拡大すると、「薄めて飲む」という特徴が不利に働き、販売数は激減した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る