日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夏バテ対策で注目 「森永甘酒」は冷やしタイプがブレーク中

 健康志向を背景に甘酒人気が拡大中だ。市場をリードするのは森永製菓の「森永甘酒」。近年はとくに「冷やし甘酒」が絶好調で、2013年度の売り上げは、10年度の約7・5倍と急伸長。夏バテ対策飲料として、注目度は一層高まっている。

 瓶入り甘酒を前身に、缶タイプの甘酒飲料「森永甘酒」が発売されたのは74年のこと。かつては各家庭でつくられていた甘酒。ゆえに地域によってつくり方も飲み方も違うが、森永甘酒は、こだわりの酒粕と米麹を使用し、誰でも飲みやすい甘酒として誕生した。

 以来、パウチ入りやフリーズドライタイプなども順次投入しながら着実に成長してきたが、10年に突如大ブレーク。今につながる夏場のヒットである。

「甘酒といえば冬のイメージが強い。現に森永甘酒も本シーズンは冬としているが、伝統飲料である甘酒は、実は江戸時代から夏の暑さ対策として飲まれ続けており、俳句では夏の季語にもなっている」(菓子食品マーケティング部の長谷美保氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事