夏バテ対策で注目 「森永甘酒」は冷やしタイプがブレーク中

公開日: 更新日:

 健康志向を背景に甘酒人気が拡大中だ。市場をリードするのは森永製菓の「森永甘酒」。近年はとくに「冷やし甘酒」が絶好調で、2013年度の売り上げは、10年度の約7・5倍と急伸長。夏バテ対策飲料として、注目度は一層高まっている。

 瓶入り甘酒を前身に、缶タイプの甘酒飲料「森永甘酒」が発売されたのは74年のこと。かつては各家庭でつくられていた甘酒。ゆえに地域によってつくり方も飲み方も違うが、森永甘酒は、こだわりの酒粕と米麹を使用し、誰でも飲みやすい甘酒として誕生した。

 以来、パウチ入りやフリーズドライタイプなども順次投入しながら着実に成長してきたが、10年に突如大ブレーク。今につながる夏場のヒットである。

「甘酒といえば冬のイメージが強い。現に森永甘酒も本シーズンは冬としているが、伝統飲料である甘酒は、実は江戸時代から夏の暑さ対策として飲まれ続けており、俳句では夏の季語にもなっている」(菓子食品マーケティング部の長谷美保氏)

 そこで96年に「夏の甘酒」、00年にはその進化形となる「冷やし甘酒」を発売し、夏場の需要拡大に注力。その地道な展開があってこそのブレークだった。記録的猛暑となった10年夏、森永の甘酒は、発汗で失われる「水分」「塩分」や体のエネルギー源になる「糖分」が補給できる昔ながらの夏バテ対策飲料として、改めて注目されたのだ。以降、売り上げは右肩上がり。主力の定番「甘酒」ももちろん好調だ。最近は若い世代の購入が増加中。おいしくて健康的、かつ料理などにも活用できる万能さがウケている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

  3. 3
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  4. 4
    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

  5. 5
    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

  1. 6
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

  5. 10
    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄

    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄