夏バテ対策で注目 「森永甘酒」は冷やしタイプがブレーク中

公開日: 更新日:

 健康志向を背景に甘酒人気が拡大中だ。市場をリードするのは森永製菓の「森永甘酒」。近年はとくに「冷やし甘酒」が絶好調で、2013年度の売り上げは、10年度の約7・5倍と急伸長。夏バテ対策飲料として、注目度は一層高まっている。

 瓶入り甘酒を前身に、缶タイプの甘酒飲料「森永甘酒」が発売されたのは74年のこと。かつては各家庭でつくられていた甘酒。ゆえに地域によってつくり方も飲み方も違うが、森永甘酒は、こだわりの酒粕と米麹を使用し、誰でも飲みやすい甘酒として誕生した。

 以来、パウチ入りやフリーズドライタイプなども順次投入しながら着実に成長してきたが、10年に突如大ブレーク。今につながる夏場のヒットである。

「甘酒といえば冬のイメージが強い。現に森永甘酒も本シーズンは冬としているが、伝統飲料である甘酒は、実は江戸時代から夏の暑さ対策として飲まれ続けており、俳句では夏の季語にもなっている」(菓子食品マーケティング部の長谷美保氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  7. 7

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    テーマは“安倍首相の嘘” 望月衣塑子記者がトークショー

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る