夏バテ対策で注目 「森永甘酒」は冷やしタイプがブレーク中

公開日: 更新日:

 健康志向を背景に甘酒人気が拡大中だ。市場をリードするのは森永製菓の「森永甘酒」。近年はとくに「冷やし甘酒」が絶好調で、2013年度の売り上げは、10年度の約7・5倍と急伸長。夏バテ対策飲料として、注目度は一層高まっている。

 瓶入り甘酒を前身に、缶タイプの甘酒飲料「森永甘酒」が発売されたのは74年のこと。かつては各家庭でつくられていた甘酒。ゆえに地域によってつくり方も飲み方も違うが、森永甘酒は、こだわりの酒粕と米麹を使用し、誰でも飲みやすい甘酒として誕生した。

 以来、パウチ入りやフリーズドライタイプなども順次投入しながら着実に成長してきたが、10年に突如大ブレーク。今につながる夏場のヒットである。

「甘酒といえば冬のイメージが強い。現に森永甘酒も本シーズンは冬としているが、伝統飲料である甘酒は、実は江戸時代から夏の暑さ対策として飲まれ続けており、俳句では夏の季語にもなっている」(菓子食品マーケティング部の長谷美保氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  7. 7

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  8. 8

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  9. 9

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  10. 10

    手越祐也の活躍にジャニーズ歯噛み?「嵐超え」も射程圏内

もっと見る