グーグルの2倍 ヤフーユーザーが日本で圧倒的に多い事情

公開日: 更新日:

 グーグルユーザーは「あれっ?」と首をひねるのではないか。総合マーケティング支援の「ネオマーケティング」が全国の20~50代の男女600人に実施した「パソコンの利用に関する調査」で、最もよく使う検索サイトを聞いたところ、1位はヤフーで62・8%に上ったのだ。2位のグーグルは31・9%とわずか半分に過ぎない。

「ヤフー」と回答した男性は55・3%で、女性は70・4%。「グーグル」と答えた男性は40%、女性は23%だった。男女ともにヤフーに傾倒している。なぜなのか。

 メディア評論家の木村宏之氏によると、ヤフーは90年代の終わりにサービスを開始したポータルサイトの草分け。「ヤフー検索」という言葉が定着したブランド力を誇る。歴史が長い分、女性や地方のPCユーザーは「まずはヤフー」と思い込んでいるようだ。

「そもそもヤフーとグーグルは性質が違うのです。ヤフーはトップページにニュースや天気予報、ヤフオクなどの情報がずらりと並んでいる。ユーザーはバリエーション豊富な情報からネットサーフィンに進みます。一方、グーグルは検索ボックスがポツンとあるだけ。検索を目的にしたユーザーを対象にしているため、余計な情報を表示しない方針なのです」(木村宏之氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る