“終結宣言”は早すぎる ナメたら怖い「鳥インフル」の感染力

公開日:  更新日:

 熊本県で発生した鳥インフルエンザに関し、田村厚労相は15日、「そう簡単にはうつらない。今のところ、人に対する心配はない」と早くも“終結宣言”だった。

 しかし、鳥インフルをナメちゃいけない。毎年、冬から春にかけて東南アジアから鳥インフルに感染している可能性がある渡り鳥がやってくる。常に水際作戦をしていないと、大量感染につながってしまう。

 2011年は宮崎県で100万羽以上の鶏を殺処分する甚大な被害を出しているし、その際は子供の遊び場が閉鎖され、動物園のイベントも中止になり、防疫担当者が養鶏場に入ろうとする人に「立ち入り禁止だ! 人に感染するぞ!」と怒鳴り声を上げる場面もあったのだ。

■3年前は後手後手で被害拡大

 今回の熊本で発生した鳥インフルは3年前のH5N1亜型や、現在、中国で死者73人を出しているH7N9型とはタイプが違う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る