【松屋フーズ】残業の増減は店長の力量で決まる

公開日: 更新日:

 通常価格より90円高い「プレミアム牛めし」で秋の商戦を迎え撃つ同社。牛丼以外にも回転寿司や割烹、とんかつや中華・ラーメン事業なども展開する。同業他社では過酷な労働環境が問題になったが、松屋は違うようだ。

 Aさん(28)は「給与も賞与も他社より良いと思います。住宅手当もあり、残業代も100%出ます。賞与は夏冬で100万円くらい。私の場合は年収で500万円ほどもらっています。24時間営業なので食事はまかないで済ますし、忙しいのでお金を使う暇もなく、入社してから1000万円近く貯金ができました」と話す。

 ただ、売り上げの良い店舗に配属されるか否かで昇給が左右される面もある。

「昇進試験に合格しても、エリア内の店舗が増えなければ店長止まりでマネジャーになれません」

 Aさんによると10年勤務すると管理職になり、その後、エリアマネジャーに昇進すると、年収は800万円ほどになるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  3. 3

    「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”

  4. 4

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  5. 5

    「桜を見る会」悪徳マルチ跋扈を許した経産OBと官邸の黒幕

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  8. 8

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  9. 9

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  10. 10

    「馬毛島」を防衛省に売却 86歳老経営者の14年の“粘り腰”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る