【日本ハム】40歳で年収1000万円は業界トップクラス

公開日:  更新日:

 パ・リーグ最速の160キロを記録し、大活躍中の大谷翔平選手が在籍する日本ハムファイターズ。

 親会社の同社は、業界首位の食品加工メーカーだ。

 管理職のAさん(43)は「私の年収は1000万円ですが、30歳前後の主任クラスだと600万~700万円ぐらいですね」と話す。管理職試験は3日間にわたり、社外の評価担当者も加わる難関だ。Aさんの場合、賞与に関しては入社以来一度も前年を割り込んだことはないという。

「やはりハムやソーセージ、空揚げなどの粗利の高さが貢献しているのではないでしょうか」とAさん。

 大手だけに福利厚生は充実している。家賃が5000円程度の借り上げ社宅、食品メーカーだけに社食は100円ほど、自社製品の社員割引やポイント制の景品カタログもある。

「上司の許可がなくても希望の職場に応募ができる社内応募制度もあります。また、冷凍食品会社の毒物混入事件以降、コンプライアンス問題が重視され、従業員のメンタル面の管理が強化されている。うつ病になって休職した後でも、職場復帰できるのは救いですね。ただ、各事業部が独立採算なので、給与面での差も生じますし、片道切符の子会社出向も待ち受けています」(Aさん)

 高水準の給与と福利厚生の充実の二刀流は魅力的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る