【野村アセットマネジメント】34歳年収1200万円もプレッシャーは常にキツい

公開日: 更新日:

「株高の恩恵もあってお客さまの運用資産も増えていますし、業績は順調です。ボーナスも確実に上がり、給与に不満はありません」

 こう語るのは、Tさん(34)だ。

 同社は国内外10兆円の契約資産を持つ資産運用の国内最大手で、近年の業績も好調。Tさんの昨年の年収は1200万円を超え、これまでの最高を記録した。

「給与だけで900万円ぐらい。業績が良かったのでボーナスが300万円です。業界他社よりも高いようですが、自分は社内で決して高いほうではありません。ボーナスは個人実績で評価され、仕事は気が抜けません」

 リーマン・ショック後は業績低迷で、給与も大幅に下がった。商品の投資信託も売れず、顧客から預かった年金資産も減少した。

「外資系投資顧問会社は日本法人の縮小・撤退も相次ぎ、リストラも実施しましたが、うちはそれでもリストラしませんでした。日本の会社にいて良かったとつくづく思いましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る