日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【星野リゾート】管理職の公募制を採用。2年目の立候補もアリ

 夏休みも終盤。子供に「どこかに連れて行って!」とねだられている人も多いはず。

 全国にリゾート施設を展開する同社は、従業員1600人。軽井沢に「星野温泉旅館」を開業以来、100年の歴史を持つ。

 地方の施設で働くAさん(32)は「基本給は低く、手当は交通費だけ。ただ、1分刻みの残業代や深夜早朝割り増し、超過時間割り増しなどがあり、繁忙期には30万円近く稼げます。それを含めて年収は400万円程度になります。地方勤務では、まずまずの給料ですね」と言う。

 Aさんは、プレイヤーと呼ばれるスタッフ職だが、ユニットディレクター(UD・管理職)になると年収600万円(年俸)が保証されるそうだ。早い人で入社2年目で立候補する。

「UDは公募制で、年に1回開催されるプレゼンで決定します。でも、成果が出なければ容赦なく降格される。プレイヤーの評価は20段階と細かく、過去の積み重ねはカウントされません。月5万円くらいの差が出ます」(Aさん)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事