【伊藤園】同期でも成績次第で100万円以上の差

公開日: 更新日:

 炎天下での飲み物といえば、何といっても冷たい麦茶やお茶だろう。

 シェア・ナンバーワンの「健康ミネラルむぎ茶」「おーいお茶」を製造販売する同社は、1966年にお茶どころの静岡市で設立された。

 営業職のAさん(32)の年収は約500万円。とはいえ、同期入社でも成績次第では100万円以上の開きが出るという。

「業績のいい営業所に配属されると賞与が5回も出ます。同期で700万近くもらっている人もいますね。業務はベンダー営業(自販機補充)が基本ですが、稼ぐ社員はコンビニや量販店、スーパーの営業で成績を上げています」とAさん。

 飲料を扱うこともあって力仕事が多く、体力がないとつらいとの声もある。

「ノルマは厳しい方だと思います。ただ、サラリーマンならどこも一緒。最近は労使の話し合いで残業が少なくなり、プライベートの時間も取れるようになりました。1泊1000円で宿泊できる会社所有の別荘もあるし、メモリアル休暇やリフレッシュ休暇など福利厚生は充実している。産休や育休で職場復帰する女子社員も増え、定着率は良くなってきていますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る