日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アマチュア写真家が群がる 山中の「絶景スポット」

 たまに田舎道をドライブすると、思いがけない光景を目にすることがある。福島県で見かけたアマチュアカメラマンの“集団”もそのひとつ。

 東北道須賀川ICの近くで所用を済ませ、初めて走る県道(67号)を猪苗代湖方面に向かった。途中、峠越えがある山道で、舗装はされているものの、車がすれ違うのも難しい一本道。右に左に、緊張しながらハンドルを切り続け、30分ほどで急な下り坂に入った。
 10分ほどで緩やかな下りになった。杉林の真っただ中を走る。峠道を上り始めてからすれ違った車はたった2台。たまにはこんなドライブも悪くはない。

 人っ子ひとりいない杉林を抜けると、左右に真っ白い花が咲く畑が見えた。ソバの花だ。低い方に向かって、長方形のソバ畑が何枚も連なる。休耕田を利用してソバを育てているのだろう。
 と、前方にいきなり停車中の車の集団が見えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事