• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

売上高1位は河合塾も…プロが教える「通わせていい予備校」

 今年8月、大手予備校「代々木ゼミナール」が来年末で全国27カ所ある校舎を7カ所に縮小すると発表した。予備校の苦境が浮き彫りになったわけだが、このほど東京商工リサーチが321社の「年間売上高ランキング」をまとめた。

 トップは492億円の河合塾。3大予備校として並ぶ代ゼミ、駿台の売上高は非公表だが、200億円前後とみられ、河合塾はダブルスコアをつけている。ここ数年、業界の市場規模は5600億円台と頭打ち。その一方、少子化の影響で「広告宣伝費」「教材・印刷費」などの負担が増えている。

 一般的に、規模が大きい予備校の方が、有名講師をライバルから引き抜けるから有利だ。代ゼミから人気講師を引き抜いて業績を伸ばした東進ハイスクールがまさにこのパターン。大手の方が過去問など情報の蓄積もある。やはり受験生は、売り上げの大きい予備校を選んだ方がいいのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

もっと見る