売上高1位は河合塾も…プロが教える「通わせていい予備校」

公開日:  更新日:

 今年8月、大手予備校「代々木ゼミナール」が来年末で全国27カ所ある校舎を7カ所に縮小すると発表した。予備校の苦境が浮き彫りになったわけだが、このほど東京商工リサーチが321社の「年間売上高ランキング」をまとめた。

 トップは492億円の河合塾。3大予備校として並ぶ代ゼミ、駿台の売上高は非公表だが、200億円前後とみられ、河合塾はダブルスコアをつけている。ここ数年、業界の市場規模は5600億円台と頭打ち。その一方、少子化の影響で「広告宣伝費」「教材・印刷費」などの負担が増えている。

 一般的に、規模が大きい予備校の方が、有名講師をライバルから引き抜けるから有利だ。代ゼミから人気講師を引き抜いて業績を伸ばした東進ハイスクールがまさにこのパターン。大手の方が過去問など情報の蓄積もある。やはり受験生は、売り上げの大きい予備校を選んだ方がいいのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る