• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ノーベル賞「LED」の弱点は価格 転換進む信号機の値段は?

 ノーベル物理学賞の受賞で注目を集める青色発光ダイオード(LED)。日本生まれの3人は、青い光を生み出すLEDを開発し、照明に革命を起こしたとされる。

 LEDの強みはエネルギー効率の高さと長寿命。白熱灯に比べて電気代が安くなり、取り換えの手間も減る。環境に配慮して、切れた白熱電球をLED電球に交換した家庭も多いのではないか。

 弱点は価格だ。60ワットで100円前後の白熱電球に比べ、LED電球は1000円前後とケタが違う。となると気になるのが、LEDへの転換が進む信号機だ。白熱灯に比べて、コストはどうなるのか。

 まずは信号機におけるLEDの普及率。警視庁によると、2013年度末(14年3月31日現在)、都内の信号機の設置数は1万5650カ所に上る。で、信号灯器のLED比率は車両灯で約9割。都内を走るドライバーが交差点で目にする「青」「黄」「赤」の3色は、ほとんどがLEDということになる。一方の歩行者灯は少し減って約7割。転換のペースはスローモーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る