ブリ塩焼きが回収 ナメたら怖い魚のヒスタミン中毒

公開日:  更新日:

 今が旬の魚、ブリに厄介な食中毒が発生。騒動になっている。

 コトの発端は、青森の食品加工業者「八戸フーズ」が加工した「ぶりいしる漬干し」を東京の飲食店で食べた人に、ヒスタミン中毒が相次いだこと。100グラム当たり10ミリグラムを超えると食中毒が発生する可能性があるが、工場に残された商品から検出されたのは、同280~418ミリグラムの高濃度。県は10日、同社の工場を13日まで営業停止に。「ぶり塩焼き」「ぶり煮付け」など25商品、計1万7750個の回収を命じた。

 ヒスタミン中毒は、軽症なら口の周りの腫れやじんましん、発熱などで済むが、まれに呼吸困難で重症化する人も。生食でも加熱食品でも起こるから厄介だ。多い年は500人を超える患者がいる。

 水産ジャーナリスト・西潟正人氏が言う。
「ヒスタミン中毒を起こしやすい魚は、ブリのほか、アジやサバ、マグロ、カツオ、カジキ、イワシなどです。これらの魚に含まれているヒスチジンというアミノ酸の一種が、魚の体内などにいる細菌の働きで、ヒスタミンになります。細菌自体は加熱処理で死滅するのですが、生成されたヒスタミンは加熱しても残るため、生食でも加熱食品でも、ヒスタミン中毒が起こりうるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  7. 7

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る