梅を見に<赤堤・松原>

公開日:  更新日:

 世田谷線「山下駅」から一本道で続く「ユリの木公園」は、“公園”というより“緑道”。レンガのタイルが敷かれ、ところどころにベンチがあり、いつ行っても散歩をしている人に出会える。ジョガーも多い。そういえば、今は梅の季節。世田谷区の赤堤や松原の街を時計回りに曲がりくねり、梅まつり開催中の羽根木公園に向かうことにした。

 静かな住宅街に、突然裸婦の像。この家の住人の持ち物なのだろうか。視線の先を変えれば、よく残っていたなぁーと思わせる歴史を感じる建物。そっとのぞくと、建物と建物の間に細い抜け道のようなものがあった。東京の東の方に行くと、こういう風景はよく見られるが、世田谷の赤堤では珍しいように思う。

 ひょっこり、緑の空間に出た。何も考えずに歩いていたので、どこをどう来たかは定かでない。看板には「赤堤二丁目緑地」。元最高裁判所赤堤公邸があった場所を、緑地として残すために世田谷区が国から買い取り、植樹などしているようだ。近辺に住んで4年。しょっちゅう散歩しているのに、こんなところがあるとは知らなかった。緑に包まれたベンチで、おじいさんが昼寝をしていた。そこかしこに、花。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  6. 6

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  7. 7

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  8. 8

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  9. 9

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る