梅を見に<赤堤・松原>

公開日: 更新日:

 世田谷線「山下駅」から一本道で続く「ユリの木公園」は、“公園”というより“緑道”。レンガのタイルが敷かれ、ところどころにベンチがあり、いつ行っても散歩をしている人に出会える。ジョガーも多い。そういえば、今は梅の季節。世田谷区の赤堤や松原の街を時計回りに曲がりくねり、梅まつり開催中の羽根木公園に向かうことにした。

 静かな住宅街に、突然裸婦の像。この家の住人の持ち物なのだろうか。視線の先を変えれば、よく残っていたなぁーと思わせる歴史を感じる建物。そっとのぞくと、建物と建物の間に細い抜け道のようなものがあった。東京の東の方に行くと、こういう風景はよく見られるが、世田谷の赤堤では珍しいように思う。

 ひょっこり、緑の空間に出た。何も考えずに歩いていたので、どこをどう来たかは定かでない。看板には「赤堤二丁目緑地」。元最高裁判所赤堤公邸があった場所を、緑地として残すために世田谷区が国から買い取り、植樹などしているようだ。近辺に住んで4年。しょっちゅう散歩しているのに、こんなところがあるとは知らなかった。緑に包まれたベンチで、おじいさんが昼寝をしていた。そこかしこに、花。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る