復興プロジェクト「かけあしの会」に会いに<上町・世田谷>

公開日:  更新日:

 430年以上の歴史を持つボロ市に、1月15日、出掛けてきた。悪天候の前日とは一転、青空が広がり、風は冷たいが散歩するのにベストの日。

 ボロ市が開かれる上町から世田谷にかけて、しょっちゅうジョギングをしている。いつもは静かな通りが、この日は、人、人、人。着物、着物の小物、帽子、カバン、靴、食器、骨董品、レコード、植木、布、食品、雑貨……。幅広いジャンルの商品が、道の両隣をぎっしり埋める露店で売られている。

 このボロ市、始まりは農民相手の農具市。最盛期の関東大震災後には、見せ物小屋や芝居小屋も出て「娯楽の場」にもなっていたとか。当時と比べると露店の出店数は3分の1ほどに減っているそうだが、「平日の午前になぜこんなに人が?」と不思議に思うほどの賑わい。

 ボロ市に来たのは、「復興プロジェクト かけあしの会」(写真)が出店すると聞いたから。岩手県宮古市の「マリンコープ DORA」店長の菅原則夫さんが、あの震災があった2011年の7月に発足した市民団体で、被災者一人一人が“見捨てられている状態”をつくらないよう、復興を目的にした活動を行っている。今回は、被災者のお年寄りが袋詰めしたワカメや昆布などを販売。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る