【築地 丸福水産】飲べえに優しい干物屋さん

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は場外でうまい一枚を探すならココという太鼓判のお店です。

「一生懸命で愚直に商売をなさっている店」と、築地の某老舗店のご主人から教えていただいた「築地丸福水産」さん。場外の波除さん近く、鮮やかな大漁旗が目印です。

 干物や漬け魚、鯨、一夜干しなどを豊富に扱うお店ですが、キンキの干物の上質な脂の乗りとうまさに敬意を表し、勝手に“飲んべえにやさしい干物屋さん”と言い切らせていただきます。熱々のご飯に合うのはもちろん、銘酒を受け止めるのにももってこいなんです。

 東の横綱「キンキ」、西の横綱「ノドグロ」、そして新興勢力の「ツボダイ」……。軒先に並ぶ干物の立派なこと。しかも1枚ずつ真空パックにパウチされているから、持ち運びも融通が利き、家庭での保存も便利です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る