【築地茶房】コーヒーゼリーといえば…

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は界隈で愛されるコーヒー店です。

「まいどっ」「アニキ、どうぞ」「こんちはっ」「いらっしゃい!」

 市場の活気に引けを取らぬ威勢のいい挨拶が飛び交うこちら。年季の入った常連さんが多いことでも知られる「築地茶房」。築地3丁目交差点近くのコーヒー店です。

「ウチみたいな個人の弱小店は、毎日が生きるか死ぬか。ちょっと大げさだけど戦国武将のような気持ちでコーヒーを売ってますよ。ハハハ」

 オーナーの髙木茂さん(59)。「真田昌幸がマイブームらしい」(街の情報通)と噂される有名人です。
 1971年創業。髙木さんは2代目で、久保田鉄工(現・クボタ)に勤めていた初代が40代前半で脱サラして始めたそう。なかなかのヤリ手で、築地を皮切りに麹町、赤坂、蛎殻町、銀座でも「茶房」を出店したそうです。で、今からさかのぼること37年前。当時、明治学院大の学生だった髙木青年は、初代と出会います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る