【築地茶房】コーヒーゼリーといえば…

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点とする日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は界隈で愛されるコーヒー店です。

「まいどっ」「アニキ、どうぞ」「こんちはっ」「いらっしゃい!」

 市場の活気に引けを取らぬ威勢のいい挨拶が飛び交うこちら。年季の入った常連さんが多いことでも知られる「築地茶房」。築地3丁目交差点近くのコーヒー店です。

「ウチみたいな個人の弱小店は、毎日が生きるか死ぬか。ちょっと大げさだけど戦国武将のような気持ちでコーヒーを売ってますよ。ハハハ」

 オーナーの髙木茂さん(59)。「真田昌幸がマイブームらしい」(街の情報通)と噂される有名人です。
 1971年創業。髙木さんは2代目で、久保田鉄工(現・クボタ)に勤めていた初代が40代前半で脱サラして始めたそう。なかなかのヤリ手で、築地を皮切りに麹町、赤坂、蛎殻町、銀座でも「茶房」を出店したそうです。で、今からさかのぼること37年前。当時、明治学院大の学生だった髙木青年は、初代と出会います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る