【レストラン ヤナギ】江戸浄瑠璃からコックの道へ

公開日: 更新日:

 東京・築地を拠点に置く日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は界隈の在勤在住者の胃袋を満たす頼もしいレストランです。

 ブッたまげました。王道の洋食メニューがいただける「レストラン ヤナギ」。特記すべきは料理のクオリティーだけではなかった! 全国の洋食屋さんを訪ね歩いてもこんな系譜の店はおそらく、ない。本邦初公開のヤナギ誕生ヒストリーを教えていただきました。

 開業は半世紀前の1960年代後半、東京・湯島。店主の小柳充さん(75)は名字の1字を取って「ヤナギ」と名づけたそうです。看板メニューの「オムドラ」(750円)は、ドライカレーを卵でくるりと包んだ一品。

「開店当時から提供しています。チキンライスではなく、ドライカレーを入れたのは珍しかったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  5. 5

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  10. 10

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

もっと見る