【レストラン ヤナギ】江戸浄瑠璃からコックの道へ

公開日:  更新日:

 東京・築地を拠点に置く日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は界隈の在勤在住者の胃袋を満たす頼もしいレストランです。

 ブッたまげました。王道の洋食メニューがいただける「レストラン ヤナギ」。特記すべきは料理のクオリティーだけではなかった! 全国の洋食屋さんを訪ね歩いてもこんな系譜の店はおそらく、ない。本邦初公開のヤナギ誕生ヒストリーを教えていただきました。

 開業は半世紀前の1960年代後半、東京・湯島。店主の小柳充さん(75)は名字の1字を取って「ヤナギ」と名づけたそうです。看板メニューの「オムドラ」(750円)は、ドライカレーを卵でくるりと包んだ一品。

「開店当時から提供しています。チキンライスではなく、ドライカレーを入れたのは珍しかったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る