• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【レストラン ヤナギ】江戸浄瑠璃からコックの道へ

 東京・築地を拠点に置く日刊ゲンダイが毎週末、地域密着型の粋な情報を紹介する「築地新聞」。今回は界隈の在勤在住者の胃袋を満たす頼もしいレストランです。

 ブッたまげました。王道の洋食メニューがいただける「レストラン ヤナギ」。特記すべきは料理のクオリティーだけではなかった! 全国の洋食屋さんを訪ね歩いてもこんな系譜の店はおそらく、ない。本邦初公開のヤナギ誕生ヒストリーを教えていただきました。

 開業は半世紀前の1960年代後半、東京・湯島。店主の小柳充さん(75)は名字の1字を取って「ヤナギ」と名づけたそうです。看板メニューの「オムドラ」(750円)は、ドライカレーを卵でくるりと包んだ一品。

「開店当時から提供しています。チキンライスではなく、ドライカレーを入れたのは珍しかったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る