コーヒーの街へ<清澄白河>

公開日: 更新日:

 今、大注目を集めている清澄白河に行ってきた。

 清澄庭園近くの「旧東京市営店舗向住宅」は、昭和3年、関東大震災後の復興事業の一環で旧東京市が建設した店舗付き住宅。250メートルにわたって立ち並ぶ長屋は、いまだ現役。ギャラリーなどが入っていて、新しさと古さが絶妙にマッチしている。

 資料館通りの入り口にある「RAN Beauty Saloon」のピンクの建物もかわいらしい。薄緑色のカーテンがきいている。

「この1年で、カフェや雑貨屋など新しいお店が増えましたね」と話してくれたのは「うつわと小物のお店 青葉堂」。「お店を出すなら清澄白河」という思いをかなえたのは5年前。

「いいな、と思えるお店がいくつかあったのがその理由。この辺りはチェーン店がなく、個人店がほとんど。大江戸線が開通して便利になったとはいえ、銀行や郵便局などもなくて、“昔は陸の孤島だった”と地元の方から聞いたことがあります。でも、本当に居心地がいい街。文化的な方が多く住んでいる街のようにも思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る