道路渋滞と人混みにおさらば 「桜スポット」は乗り物で楽しむ

公開日:  更新日:

《茶屋むらの一夜にわきしさくらかな》

 こう詠んだのは、江戸時代の俳諧師である小林一茶である。茶屋むらとは屋台のこと。もちろん、一夜にしてわいて出たのは、桜の花も一緒だ。

 開花の声を聞き、今週末の桜の名所は、どこもかしこも大勢の花見客が殺到するに違いない。ただ、桜はいいけど人混みは……と思っている人も多いはず。そんな人のために探してみたら、乗り物から見られる桜スポットがけっこうあった。

「今週末あたりから撮り鉄の人が訪れますので、例年ですと道路が大渋滞します。ただ、電車に乗れば、小さなお子さん連れでもゆっくり沿線の桜がご覧いただけます」

 こう言うのは、千葉県の小湊鉄道の中村正宏さんだ。五井駅から上総中野駅(大人片道1410円)まで全長約39キロの線路沿いは、すでに菜の花が満開。今週末には桜も咲き始める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る