道路渋滞と人混みにおさらば 「桜スポット」は乗り物で楽しむ

公開日: 更新日:

《茶屋むらの一夜にわきしさくらかな》

 こう詠んだのは、江戸時代の俳諧師である小林一茶である。茶屋むらとは屋台のこと。もちろん、一夜にしてわいて出たのは、桜の花も一緒だ。

 開花の声を聞き、今週末の桜の名所は、どこもかしこも大勢の花見客が殺到するに違いない。ただ、桜はいいけど人混みは……と思っている人も多いはず。そんな人のために探してみたら、乗り物から見られる桜スポットがけっこうあった。

「今週末あたりから撮り鉄の人が訪れますので、例年ですと道路が大渋滞します。ただ、電車に乗れば、小さなお子さん連れでもゆっくり沿線の桜がご覧いただけます」

 こう言うのは、千葉県の小湊鉄道の中村正宏さんだ。五井駅から上総中野駅(大人片道1410円)まで全長約39キロの線路沿いは、すでに菜の花が満開。今週末には桜も咲き始める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る