風邪薬で死亡も…市販薬の「副作用」で被害者は救済されない

公開日:  更新日:

 風邪薬を飲んだら死亡――。消費者庁が8日に発表した市販薬による副作用のデータが波紋を広げている。

 同庁によると、2014年までの5年間で、市販薬による副作用は1225件。このうち、死に至ったのが15件、後遺症が残ったのが15件あったという。症例が多かったのが風邪薬の400件。その次は解熱鎮痛消炎剤の279件。驚くのは、風邪薬で死に至った例が8件もあったことだ。

 具体例としては「風邪薬を服用して肝臓の数値が高くなった」(70代男性)、「漢方薬を飲んで空咳がでるようになった」(30代女性)などが報告されている。

■裁判には莫大な費用と時間が

 では、副作用にあった場合、どうすればいいのか。現状では被害者が救済されることはなく、ほとんど泣き寝入りというのが実情だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る